ひとつだけでは、多すぎる。

とあるゲイの備忘録。33歳。東京在住。

ぼくのなつやすみ。

9月16日(土)から24日(日)まで夏季休暇で職場から離れました。

はじまってすぐは台風の影響で雨風ともに強く、どこにも外出できなかったので実家で読書をして過ごしました。読んだのは山極壽一さんの「暴力はどこからきたか 人間性の起源を探る(NHKブックス)」という本です。この本、「サピエンス全史」を読んでいた自分にとってはとても興味深く読み進められたのですが、いかんせん専門用語も多用されていたり(といっても動物の種の名前くらいなのですが)、一文一文が長くて読むのが大変で結局3日もかかりました。内容は、とてもざっくりいうと、霊長類の社会性がどのように構築されてきたかという研究から、人間や人間社会の性質を考察しましょう、というものです。詳細は今後感想文をこのブログに書くつもりです。自分は読書をする際に、気に入ったところやまた読みたいところに付箋を貼るのですが、この本は250ページくらいの量なのですが、50箇所以上に付箋が張られていました。それくらい自分にとっては新鮮味があったし、興味深く読めました。

実家では、上記のようにのんびりと過ごし、そのあと一人で神戸-大阪-京都に行ってきました。京都では、銀閣寺と龍安寺という枯山水の庭園が有名なお寺に行きました。平日だったにもかかわらず観光客(ほとんど外国人)が多かったです。大阪では、通天閣に初めて行きましたがなんだか東京の月島のような感じでした。大阪では平日の昼間にバス停で、おじいちゃんおばあちゃんが「ほろ酔い」やワンカップで完敗していることでした。パブリックな場でお酒を酌み交わす大阪の度量の大きさに驚きました。神戸にいったことは、同期の結婚式だけだったので今回は観光をしようと神戸に住んだことがある同僚に、神戸でどこに行けばいいか事前に尋ねたのですが、「神戸にあるもの横浜にもあるから、横浜に行ったことあればとくに見るものないよ」と残念な答えでした。いろいろ調べて、異人館をリノベーションしたスターバックスに言ってコーヒー飲んでだらだらしただけで神戸は終わりました。淡路島はいいところ聞きましたが一人で行くには気が引けたし、次はルミナリエの時期に行ってみたいなと思いました。

というような感じで、夏休みは過ぎてしまいました。充実していたので、また休みたいです(笑)。

 

おしまい。