ひとつだけでは、多すぎる。

とあるゲイの備忘録。33歳。東京在住。

きっと、うまくいく( 3 idiots )

はじめてインド映画を見ました。
インド映画のイメージって、大勢の男女が歌ったり踊ったり、
なんとも騒がしいイメージしかなかったのですが、
この「きっと、うまくいく」という映画は、
友情、恋愛、お金、夢という、人生にとって重要なテーマによって、
構成されているとても密度が濃い映画でした。

映画の時間も3時間弱あるのですが、
退屈しないので、あっという間に過ぎていきます。

いろいろと印象に残るシーンはあるのですが、
「きっと、うまくいく」と和訳される、
「All is well」という言葉が、映画を見終わった後にも心に残ります。

現状への心配、将来への心配いろいろとありますが、
結局は、「きっと、うまくいく」ということ。

現状を楽しむことが、今を幸せにして、未来を明るくするという、
当たり前といえば当たり前なのに、これほど実行するのが難しいことも、
そうないですよね。

見ていて明るくなる映画でした。
おすすめです。

 

 

 


おしまい。