ひとつだけでは、多すぎる。

とあるゲイの備忘録。33歳。東京在住。

ぼくのなつやすみ。

9月16日(土)から24日(日)まで夏季休暇で職場から離れました。 はじまってすぐは台風の影響で雨風ともに強く、どこにも外出できなかったので実家で読書をして過ごしました。読んだのは山極壽一さんの「暴力はどこからきたか 人間性の起源を探る(NHK…

人のセックスを笑うな 山崎ナオコーラ 河出文庫

ー寂しいから誰かに触りたいなんて、ばかだ。 恋愛小説を読んだり、恋愛ものの映画を見たりするなんて、時間の無駄だ。ーと考えていた私が、これまでに唯一読んだ恋愛小説です。中高生の時に、世に普通に流通していた恋愛小説は、異性愛ものだけだっただろう…

マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術 筋トレライフバランス Testosterone 宝島社

自分の人生で何が一番重要か、何に時間を使いたいかということを決めれば、自ずと時間の管理はできるようになるという内容でした。 この本の著者(Testosterone氏)の場合は、それが筋トレです。 筋トレすることによって、人生は充実する、というような話で…

イカちゃんクマちゃん ② 三木よう子 角川書店

待ちに待った イカちゃんクマちゃんの2巻です。1月25日発売でした。 今回はイカちゃんの会社での活躍や挫折が描かれていたり、クマちゃんのほうとう屋が繁盛する話があったりと、二人(?)の仕事の話がいくつか入っています。イカちゃんが海外出張する…

それからはスープのことばかり考えて暮らした 吉田篤弘 中公文庫

なんとなく、amazonをふらふらしていて見つけた本です。タイトルに魅かれて購入しました。主人公のオオリさんの日々の日常を描いたような作品でした。感想は、僕の好みには合わなかった、といったところです。恋愛小説でもなければ、何か人生訓のようなもの…

日本名詩選1 [明治 大正篇] 西原大輔 笠間書院。

好きな詩はなんですか?なんて聞かれることは、まずないだろうけど、もし聞かれたら、この詩をあげます。 地平線 かの女の白い腕が 私の地平線のすべてでした。 マックス・ジャコブ作 堀口大学訳 たったの2行だけど、ここまで、僕自身の感情を揺さぶった文…

イカちゃんクマちゃん 三木よう子 角川書店。

「あなた、イカちゃんに似てるから、読んでみて」と数少ないゲイ友にいわれて手にとった本です。 性別不明の「イカちゃん」と「クマちゃん」の同居生活を綴った漫画です。始まり方がとても唐突で、読み進めるまでよくわからないのは、自分だけではないはずで…

さびしさの授業 伏見憲明 イースト・プレス

「よりみちパン!セ」というシリーのうちの一冊であり、 帯には、「学校でも家でも教えてもらえなかったリアルな知恵満載」と書かれています。 「よりみちパン!セ」シリーズは、テーマごとにさらに分類されていて、 例えば、【恋・性・生】青春の大いなるな…

思考の整理学 外山滋比古 筑摩書房。

このブログのタイトルになっている 「ひとつだけでは、多すぎる」という言葉に出会った本書。 具体的な整理方法についての言及は少ないのですが、 内なる思考をどういうふうにアウトプットまで繋げるかについて、 すっきりまとめられています。 自分自身のア…